Entries

拍手する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://greenroofsurfashram.blog7.fc2.com/tb.php/99-1b4d6f75

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

拍手する

伝えるということ





人に何かを伝えるということは、簡単そうでむずかしい。 まぁ、伝えると一言で言っても、色んな「伝える」があるから、一概には言えないけど、、、。 言葉で伝える場合もあれば、態度で伝わりもする。

好きな人に自分の気持ちを伝えるには、言葉だけじゃ伝わらないもんね。 すっごい大好きで、俺はこんなに愛してるのに、なんでそれが伝わんねんだぁ~!!ってことは、よくあるし聞くし、、、。 まぁ、恋愛はむずかしいっす、、、。

って、恋ばなじゃなくて、、、この前の続きになるけど、ディックさんと一緒にここGREEN ROOF で生活して、忘れられない出来事はホントにたくさんある。 その中でも、last night party の時にKIBOKO が”KEPP IT SIMPLE STUPID” の絵をプレゼントした時のことが、強く印象に残っている。

伝えるということ。 それは、その人が長い歳月をかけて見いだしたものであればあるほど、100%相手に伝わるには時間がかかる。 なぜなら、その人がその境地に至るまでそれだけ時間がかかってるわけだから、単純に言えば、その人と同じだけの時間がかかっても、なんら不思議はない。 いや、むしろもっと時間がかかるかもしれない。

それだけ伝える、いや、相手に理解させるということは難しいと思う。 心髄になればなるほど、伝わりにくくなるんだと思う。 そんなに簡単じゃないから、心髄なんだ。 自分が実際にやって見せなきゃ伝わらない。

僕は普段、職人をやっているけど、やるのが初めての人に教える時は、まず自分が HOW TO をやって見せなきゃ、口だけじゃ絶対に伝わらない。 見せてから今度はやらせて初めて本人は理解する、という順番だ。

僕がディックさんから KISS THEORY を聞いたのは、名古屋、京都の上映会に向かう道中のことだった。 それを聞いてた石井さんが、後ろ席から、「これは10年前も言ってたよ。」と言っていたので、最低でも10年以上は人に伝え続けているわけだ。

「これは、俺が言い出したんじゃない。 ジョージ・グリノー、俺の先生から教えてもらったことなんだ。」とディックさんは何回も言っていた。 そんなに年は離れていないと思うけど、friend ではなく"my teacher"と言っていた。

DVC00296.jpg ディックさんからもらったジョージ・グリノーのステッカー


滞在中ディックさんが、カメラを見たいというので秋葉原に一緒に行った。 少し時間があったから、観光がてら、上野のアメ横に連れて行った時、サーフショップに行きたいというので、ムラスポに入った。

ディックさんは、サーフィンのDVDを売る仕事もしているので、どのようなDVDが置いてあるのかだけでいいから見たい、と言って、お店に入ったらDVDコーナーに直行。 まず、値段の高さにビックリしていた。 それで、お店の店員さんと話していたら、お店に置くまでに卸業者が中間に二つも入っていることが分かった。

「KEEP IT SIMPLE!」 なるほど!と思った。 中間に二つも入れるから、値段が上がってしまう。 そしてみんな買わなくなる。 悪循環。 確かに日本は、中間に色々入りすぎて値段が高くなっちゃってることが多い。 無駄が多い。 オーストラリアじゃそんなことあり得ないって、ホントに信じられない様子だった。

無駄を省いてシンプルにする。 言うのは簡単だけど、そうするのは最も難しい。 ディックさんといる間、他にもたくさんの例があった。 

そして、last night party に話は戻るけど、僕はディックさんがKIBOKOの絵を手に持って、しばらく見つめ続けていた姿が、忘れられない。 周りでは、色んな話でみんな盛り上がっていたけど、絵に見入っているディックさんだけはその時、時間が止まっているかのようだった。

Yumieちゃんのスクールの時に、KIBOKOがディックさんに会ったとき、シェルスタンドを見て、Good example of "KEEP IT SIMPLE"だ、と言って、スゴい気に入っていた。 海で拾ってきたものに、絵やメッセージを描いて、それを人に上げる。 もらった人はハッピーになる。 

そして、最後の日に、ガクが持ってきた絵。 それに見入っている時、ディックさんは、自分の言っていることが、本当に伝わっているのを確信していたんだと思う。 ジョージ・グリノーから、国境を越え、言葉を越え、世代を超えて、伝わって行く。 

なんか自分の目の前で、すごいドラマが繰り広げられていて、感動してしまった。 ディックさんも、I'm deeply impressed.  チョー感動した、って繰り返し言ってたし、本人のKIBOKOも感動していた。

僕はつい文が長くなる、、、。 いろいろ書きたくなっちゃうんだな。 あれもこれもって、、、。 こんだけ書いといて、お前全然分かってないじゃん、KEEP IT SIMPLE STUPID、、、。  は、はい、、、ですよね、、、。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://greenroofsurfashram.blog7.fc2.com/tb.php/99-1b4d6f75

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

拍手する

Appendix

プロフィール

Green Roof Surf Ashram

Author:Green Roof Surf Ashram
【Green Roof Surf Ashram】のブログ

Green Roof SurfAshram

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

TIDE GRAPH

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。